ページ内を移動するためのリンクです

3月 試合結果等

第74回びわ湖毎日マラソン(2019年3月10日)

1.レース状況

 今回、海外招待のエリート選手10人とMGC獲得を目指す国内のトップ選手が多数参加しました。
レースは、スタート時の気温11℃、天候は雨と肌寒いコンディションの中12時30分に皇子山陸上競技場をスタート。
スタートから海外招待選手を中心に2時間7分台のペースでレースが進みましたが、寒さのためか中間過ぎから有力選手がつぎつぎと脱落する厳しいレースとなりました。
先頭争いは40km過ぎから外国人5人に絞られ、ラスト1kmで抜け出したサラエディーン・ブナスル(モロッコ)が2時間7分52秒で優勝を果たしました。
MHPSマラソン部の松村選手と佐藤選手は、中間過ぎに先頭集団から遅れる苦しい展開となり、2人ともMGC獲得はならなかったものの、粘りの走りで後半に順位を上げ、 佐藤選手が2時間12分53秒の18位、松村選手が2時間13分 23秒の21位に入りました。
(スタート時の気象条件=雨、気温11.0℃、北東の風1.6m/s)

2.大会結果

順位 選手 記録 備考
1 S.ブナスル 2時間7分52秒 モロッコ
2 A.テフェラ 2時間7分56秒 エチオピア
3 S.モコカ 2時間7分58秒 南アフリカ
4 B.セウレイ 2時間8分8秒 バーレーン
5 D.ロビ 2時間8分11秒 エチオピア
6 A.F.シンブ 2時間8分27秒 タンザニア
7 山本 憲二 2時間8分42秒 マツダ 日本人1位(MGC獲得済)
8 川内 優輝 2時間9分21秒 埼玉県庁 日本人2位(MGC獲得済)
18 佐藤 歩 2時間12分53秒 MHPS
21 松村 康平 2時間13分23秒 MHPS

3.選手コメント

佐藤選手

 今回4度目のマラソンとなりましたが、これまでで1番良い練習ができていたことで、手応えを感じて大会に臨みました。
しかし、レースでは中間点で離れてしまう不甲斐ない走りをしてしまい、レースで力を出し切ることの難しさを感じた反面、離れてからも諦めず前を追い続けた結果、自己記録に16秒差で踏みとどまれたことは成長で きたと感じています。
当日は雨が降りしきる中、たくさんの方々の声援が力になりました。どうもありがとうございました。

佐藤選手
佐藤選手

松村選手

 今回のレースでは目標としていたMGC出場権を獲得することができないだけでなく、早い段階で先頭集団から離れてしまい、マラソンの厳しさを改めて実感しました。もう一度一から作り直し、またマラソン に挑戦したいと思います。ご声援ありがとうございました。

松村選手
松村選手
佐藤選手
松村選手
応援

第70回金栗杯玉名ハーフマラソン(2019年3月3日)

1.レース状況

 3月3日(日)、日本マラソンの父と慕われ、大河ドラマ「いだてん」の主人公である金栗四三氏の功績をたたえて始まり、今回で70回目を迎えた伝統の玉名ハーフマラソン大会が熊本県玉名市で開催されました。
レースは、スタート直後から井上選手がハイペースで飛ばし、前回覇者のパトリック・ムエンド・ムワカ選手(愛三工業)と先頭争いを繰り広げ、井上選手が終盤の18キロすぎにスパートを仕掛けて振り切り初優勝を飾りました。
4月のボストンマラソンに出場予定の井上選手が、その調整を兼ねたレースで好タイムを出しており、順調な仕上がりをみせております。
また、この大会をもって浦野選手は現役を引退することになりました。これまでのご声援ありがとうございました。

2.大会結果

順位 選手 記録 備考
1 井上 大仁 1時間2分12秒
2 パトリック・ムエンド・ムワカ 1時間2分21秒 愛三工業
3 高橋 尚弥 1時間2分42秒 安川電機
15 目良 隼人 1時間4分43秒
18 浦野 輝 1時間5分22秒

3.選手コメント

井上 大仁

応援ありがとうございました。
今回は序盤から自分のペースを守り、きつい場面でも我慢することができました。
ボストンマラソンに向けて良い流れで走ることができているので、これからも更に慎重に準備していきたいと思います。
今後も応援よろしくお願いします。

井上選手
井上選手

目良 隼人

玉名ハーフの応援ありがとうございました。
今回のレースは最初から体が動かず、自己ベストに程遠いレースとなりました。
このレースで今季最後の大会となったので、来季ではしっかりと結果を残せるように日々練習していきたいと思います。

目良選手
目良選手

浦野 輝

 今回の玉名ハーフ、たくさんの応援ありがとうございました。
今期をもちまして、引退することになりました。自己ベストを狙えるぐらいの練習は出来ていたので、正直悔しいです。
6年間、三菱重工マラソン部及びMHPSマラソン部のユニフォームを着て走れたということを胸に、これから職場に戻っても後援会という形で、マラソン部をバックアップしていきたいと思います。 6年間、本当にありがとうございました。これからもマラソン部の応援よろしくお願いします。

浦野選手
浦野選手

東京マラソン2019(2019年3月3日)

1.レース状況

 今年の東京マラソンも海外から世界トップレベルの選手が参加し、日本からもMGC獲得を目指すトップランナーが多数出場しました。
午前9時の気温が5.7℃と冷たい雨が降る悪コンディションの中でスタート。
先頭集団はスタートから2時間4分を切るハイペースで進みましたが、中盤以降は冷たい雨が影響し、有力選手がつぎつぎと失速していく厳しい展開となりました。
今回、好調な仕上がりでレースに臨み、力走を続けていた定方選手も30km過ぎに失速してしまい、目標のMGC獲得はなりませんでした。
また、既にMGC獲得済みの木滑選手も序盤に第2集団から遅れる厳しい走りで上位争いに加わることができませんでした。

2.大会結果

順位 選手 記録 備考
1 ビルハヌ・レゲセ 2時間4分48秒 エチオピア
2 ビダン・カロキ 2時間6分48秒 横浜DeNA
3 ディクソン・チュンバ 2時間8分44秒 ケニア
18 定方 俊樹 2時間15分53秒 自己新
26 木滑 良 2時間17分19秒

3.選手コメント

定方 俊樹

 今回、戦う準備はしっかり出来て自信を持って臨んだマラソンでした。
しかし、力みからか濡れた路面と寒さで、序盤から足の張りを感じ続け、30km過ぎにそれが一気に固まりどうしようもできなく動かせなくなってしまいました。
しかし30kmまで楽になったりキツくなったり繰り返しながらも余裕を持っていけたことは、少しはマラソンの走り方を掴めたと思います。成功するまで時間がかかりますがまた自信を持って挑戦できるよう作り直して きます。本当にたくさんの応援ありがとうございました。

定方選手
定方選手

木滑 良

 今回のマラソンは最初から最後まで全力で苦しい走りになってしまいペースもかなり落ちてしまいましたが、レースを捨てることなく全力で取り組めたのは次のマラソン、今後の陸上競技に繋がると思っていま す。寒い中でしたが現地で応援してくださった応援団の皆さん、沿道の皆さんの声援がとても励みになりました。応援ありがとうございました。

木滑選手
木滑選手
オムワンバ選手