ページ内を移動するためのリンクです

7月 試合結果等

第33回士別ハーフマラソン(7/21(日)北海道士別市)

ハーフ18歳以上男子の部
順位 選手 記録 所属
1 ラジニ・レメティキ 1時間03分25秒 拓殖大学
14 佐藤 歩 1時間05分47秒
22 岩田 勇治 1時間06分44秒
25 木滑 良 1時間06分50秒

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

佐藤選手
佐藤選手
岩田選手
岩田選手
木滑選手
木滑選手

各選手コメント

佐藤選手

 今回は北海道マラソンを見越して暑い気候の中、どの程度集団の中で我慢できるかを目的としました。 結果、まずまずの走りはできたもののスピード感覚の鈍さがやはり課題となりました。 残り1ヶ月少しでも改善し、最高の結果を目指して頑張ります。

岩田選手

 MGCに向け最後のレースとなり、今の自分がどれくらいの走りが出来るのか、またMGCに繋がる走りを課題にしました。 結果は、13キロ付近までは先頭グループで耐える走りが出来ましたが、そこから全く我慢が効かず、逆に課題が残るレースとなってしまいました。 体・気持ちを再度作り直し、MGCに向けていきます。

木滑選手

  MGCに向けて最後のレースになりましたが、暑い中でのレースとなりMGCに向けては良い大会になりました。 しかし、個人としては“練習で出来ていたことがレースで発揮出来なかった”の一言です。 残りの期間で課題を全部潰す事は難しいですが、一つでも多くの事が良い方向に行く様に練習に取り組んで行きたいと思います。

ホクレンディスタンスチャレンジ第3戦 士別大会(7/13(土)士別市陸上競技場)

男子5,000m(A組)
順位 選手 記録 所属
1 ベナード・キメリ 13分26秒72 安川機
4 クレオファス・カンディエ・メヤン 13分30秒80
5 エノック・オムワンバ 13分32秒76
7 的野 遼大 13分40秒44 日本人トップ、自己新
15 定方 俊樹 14分00秒26
21 目良 隼人 14分36秒82
男子5,000m(B組)
順位 選手 記録 所属
1 内山 涼太 14分05秒47 東京国際大
4 松村 康平 14分09秒29
28 江島 崚太 14分40秒84

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

カンディエ選手
カンディエ選手
オムワンバ選手
オムワンバ選手
的野選手
的野選手
定方選手
定方選手
目良選手
目良選手
松村選手
松村選手
江島選手
江島選手

各選手コメント

カンディエ選手

 チームに新加入したカンディエです。よろしくお願いします。 今回、来日して初めての試合で緊張したけど、良い走りができました。

オムワンバ選手

  今回のレースペースは良かったので、もっと前に行って良いタイムを出したかったけど、最後は疲れてしまいました。 次の試合で自己記録更新を頑張ります。

的野選手

  深川大会の1,500mに続き、5,000mでも自己記録更新することができました。ずっと目標にしてきた日本選手権の参加資格(13'43"00)を切ることができたので、これからは日本トップのレースで勝てる力をつけて勝負していきたいです。

定方選手

 3,000mを8分15秒で通過し、自己記録を狙えるレースでしたが、その後はペースを維持できませんでした。安定した記録は出せているのですが、自己ベストまであとわずかなレースが続き、悔しさが残ります。また的野に先を越されたことも悔しいです。もう1つ上のレベルで戦うために、この夏チーム皆でしっかり強化したいと思います。

目良選手

  今回のレースも2,000m以降、体が動かず、また後半も粘れず酷い結果になりました。 今期に入ってトラックレースで良い結果で走れないことが多く悔しいです。 これから走り込みの時期なのでゼロから始めるつもりで作り直したいと思います。

松村選手

 前回のレースの嫌なイメージを少しは払拭できる走りができました。4月からのトラックレースがひと段落し、今後は合宿での強化期間になるので、昨年出来なかった走り込みをしっかり行い、夏明けのレースからまたタイムを狙っていきます。

江島選手

 ペースメーカーが14分00秒のペースで引っ張ってくれたので付くだけのレースでしたが、2,000m過ぎからきつくなって遅れてしまい、後半も動きを変えることが出来ませんでした。 練習の消化状況と試合の結果が伴っていないので調整方法をもう一度見直していきたいと思います。

ホクレンディスタンスチャレンジ第2戦 深川大会(7/9(火)深川市陸上競技場)

男子1,500m(A組)
順位 選手 記録 所属
1 戸田 雅稀 3分37秒90 サンベルクス/日本歴代2位
5 的野 遼大 3分42秒15 自己新、長崎県記録
男子10,000m(A組)
順位 選手 記録 所属
1 ベナード・キベット・コエチ 27分26秒11 九電工
4 井上 大仁 28分08秒10 日本人トップ
7 エノック・オムワンバ 28分08秒77
男子10,000m(B組)
順位 選手 記録 所属
1 山藤 篤司 28分19秒98 トヨタ自動車
15 定方 俊樹 29分11秒50
28 目良 隼人 30分23秒86
男子10,000m(D組)
順位 選手 記録 所属
1 三浦 洋希 29分17秒31 日清食品G
11 松村 康平 29分58秒25
男子10,000m(F組)
順位 選手 記録 所属
1 相葉 直紀 29分55秒18 中電工
10 江島 崚太 30分53秒47

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

的野選手
的野選手
井上選手
井上選手
オムワンバ選手
オムワンバ選手
定方選手
定方選手
目良選手
目良選手
松村選手
松村選手
江島選手
江島選手

各選手コメント

的野選手

 自己記録更新できましたが、更に良い記録を狙えるペースで途中まで走れていたので、物足りなさを感じます。ラストの失速を無くすために、更に質の高い練習を求めて行きたいと思います。

井上選手

 調子が上がらず苦戦していましたが、今回のレースで動きを修正することができました。きつい場面で我慢する走りもできたので、MGCに繋げていければと思います。MGCまで残り2か月、集中して走り込んでいきます。 今後も応援よろしくお願いします。

オムワンバ選手

  今回の試合結果は、まずまず良かったです。 でも目標としていた27分台の記録が出せなかったので、ちょっと残念です。次の5000mも頑張ります。

定方選手

 今回記録を狙い、自己ベスト、更に28分30秒に挑戦しましたが、6,000mまでしかそのペースで走れませんでした。しかし、途中まで速いペースで走れたので、レース運び、力まない走りなどを課題に、次の5,000mでも記録に挑戦したいと思います。

目良選手

  今回のレースでは序盤から体が重くて、直ぐに集団から離れてしまい、後半も立て直す事が出来ずに情けない結果になってしまいました。 まだ次のレースが残っているので切り替えて挑みたいと思います。

松村選手

 速いペースではなかったものの一時非常にきつく感じ、著しくペースダウンしてしまいました。 そこから少しは立て直せたものの、元のペースに戻せず厳しいレースとなってしまいました。 次のレースでは今回のイメージを払拭できる走りをします。

江島選手

 今回のレースは31℃と気温が高いコンディションだったのでタイムより順位を狙って走りました。 しかし、結果は満足のいく順位で走ることができず、悔しい結果で終わってしまいました。次の士別5,000mでは自己ベスト更新できるように気持ちを切り替えていきます。