ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
 

HOME試合結果2018年度 試合結果11月 試合結果

11月 試合結果

八王子ロングディスタンス 10,000m(2018年11月24日)

男子6組
順位 選手 記録 備考
1 鎧坂 哲哉 27分55秒85 旭化成
2 井上 大仁 27分56秒27 自己新、長崎県新記録
3 阿部 弘輝 27分56秒45 明治大学
男子10000m
順位 選手 記録 備考
16 的野 遼大 28分41秒76 5組
13 目良 隼人 28分50秒57 4組
17 吉田 裕晟 29分25秒11 2組
井上選手
井上選手
的野選手
的野選手
目良選手
目良選手

吉田選手


 

大阪マラソン2018(2018年11月25日)

大会結果

順位 選手 記録 備考
1 チャールズ・ムネキ 2時間14分11秒 ケニア
2 五十嵐 真悟 2時間14分19秒 城西大学クラブ
3 アブデナシル ファティ 2時間17分37秒 モロッコ
11 松村 康平 2時間23分15秒 MHPS
松村選手
※写真クリックすると拡大表示され前後送れます


第55回九州実業団毎日駅伝(2018年11月3日)

 

1.レース状況

 11月3日(土・祝)、北九州市本城陸上競技場を発着とする若松周回コース(7区間80.6km)において、第55回九州実業団毎日駅伝大会が開催されました。
 今大会は昨年からコースが一部変更となり、海からの強風を受ける曲がり角が多い変則的な難しいコースとなりました。レースは、ニューイヤー駅伝で2連覇中の王者・旭化成、同4位のトヨタ自動車九州、同9位の安川電機、リオ五輪10,000mの銀メダリスト ポール・タヌイ選手を擁する九電工などの強豪チームがひしめき合うハイレベルな大会となりました。
 九州大会2連覇中のMHPSマラソン部は、今回、主力3選手が故障のためベストメンバーで臨めませんでしたが、勢いのある若手選手を経験させるステップとしてオーダー編成し、全国王者・旭化成に挑みました。
レースは、主力選手を揃えた旭化成が実力を発揮し、終始主導権を握る貫禄のレース展開となりました。
 MHPSは、1区目良選手、3区的野選手、5区:井上選手の中堅3選手が期待通りの快走を見せましたが、後ろを追いかける苦しいレース展開となり、3連覇は逃したものの見事3位入賞し、10年連続23回目の全国大会(ニューイヤー駅伝)の出場権を獲得しました。
 2019年元日のニューイヤー駅伝まで更に調子を上げて、過去最高の「4位」以上を目指し、チーム一丸となって戦ってくれるものと期待しております。

2.大会結果

  
第55回九州実業団毎日駅伝                              ※全試合結果はこちら
区間区間順位 氏名 記録 累計タイム(順位)
1区(12.9km) 2位 目良 隼人 37分16秒 37分16秒
2区(7.0km) 5位 コリンズ・ケンボイ 20分01秒 57分17秒(4位)
3区(10.9km) 2位 的野 遼大 31分33秒 1時間28分50秒(2位)
4区(9.5km) 6位 吉田 裕晟 27分56秒 1時間56分46秒(3位)
5区(13.0km) 1位 井上 大仁 38分05秒 2時間34分51秒(2位)
6区(10.9km) 7位 佐藤 歩 33分15秒 3時間08分06秒(2位)
7区(16.3km) 4位 定方 俊樹 46分56秒 3時間55分02秒(3位)
総合 3位 MHPS 3時間55分02秒
区間 区間順位 氏名 記録 累計タイム(順位)
4区(9.5km) 7位 岩田 勇治 28分02秒 1時間58分43秒(7位)
7区(16.3km) 12位 浦野 輝 49分47秒 4時間02分09秒(8位)
総合 OP(参考8位) 実業団混成チーム 4時間02分09秒
※写真クリックで拡大表示され前後送れます

目良選手

ケンボイ選手

 的野選手

吉田選手

井上選手

 佐藤選手

定方選手

岩田選手

 浦野選手

報告会の様子

集合写真
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る

三菱日立パワーシステムズ

Copyright © Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd. All Rights Reserved.