ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
 

HOME試合結果2018年度 試合結果8月 試合結果

8月 試合結果

 

ジャカルタ・アジア大会2018男子マラソン 井上選手が優勝、金メダル獲得!(2018年8月25日)

 ジャカルタ・アジア大会は8月25日(土)から陸上競技が始まり、最初の種目である男子マラソンで井上 大仁選手が2時間18分22秒のタイムで見事優勝し、8大会32年ぶりの金メダルを獲得しました。
 当日は、日本からの応援団約30人とインドネシア現地工事からの応援団約60名による大応援団で井上選手へ 沿道から熱い声援をおくりました。
 

1.レース状況

 大会今回の男子マラソンは21人で争われ、日本からは日本歴代4位の記録を持つ井上 大仁選手(MHPS)と 園田 隼選手(黒崎播磨)が出場しました。
 午前6時のスタート時点で気温が26度、湿度が80%を超える蒸し暑さの中、レースは序盤からスローペースとなり、25キロすぎから園田選手が9人の先頭集団を引っ張る形となりました。
 レース後半は強い日差しとなり気温が30度を超えて先頭集団が5人に絞られるサバイバルレースとなる中、 37キロすぎにバーレーンの34歳ベテラン、エルアバシ選手(前回のアジア大会は10,000mの金メダリスト)が ペースを上げ、5人の先頭集団から井上選手だけがついて行き、優勝争いは2人に絞られました。
 その後、お互いにスパートをかけ合うものの並走が続き、2人は並んだまま競技場のトラックに入り、残り100mを切ったところで井上選手が猛スパートをかけ、追い上げたエルアバシ選手と接触しながらも振り切り、2時間18分22秒のタイムでゴールし、金メダルを獲得しました。
 日本選手が男子マラソンで金メダルを獲得したのは、1986年のソウル大会の中山 竹通選手以来です。

2.大会結果

順位 選手 記録 備考
1 井上 大仁 2時間18分22秒 MHPS(日本)
2 エルアバシ 2時間18分22秒 バーレーン
3 多布 傑 2時間18分48秒 中国
4 園田 隼 2時間19分04秒 黒崎播磨(日本)

3.井上選手コメント

 応援ありがとうございました! 今回は勝つことだけを考え、スタミナを温存して仕掛けどころで一気に仕掛けることを思い描いて走りました。
 予定通りにいかないこともあり、すごく神経が削られましたが、日本から来てくれた人たちのものすごい応援のおかげで最後まで強い気持ちをもって勝つことができました。
 今回の結果も次に活かしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

※写真クリックすると拡大表示され前後送れます
井上選手1井上選手2井上選手3
井上選手1井上選手2井上選手3
 

北海道マラソン2018 (2018年8月26日)

 

1.レース状況

  8月26日(日)、日本国内で唯一、夏に開催されるフルマラソンとして有名な北海道マラソン2018に岩田選手と定方選手の2名が出場しました。
 終盤まで粘りの走りで健闘した岩田選手が2時間15分09秒の7位と入賞しました。定方選手は、12km過ぎに先頭集団から遅れ、2時間20分43秒の23位と悔しい結果でした。
 2人とも今回のレースは残念な結果でしたが、冬場のレースで再度、東京オリンピック2020のマラソン選考会(MGC)への出場権獲得を目指します。

2.大会結果

       
順位 選手 記録 備考
1 岡本 直己 2時間11分29秒 中国電力
MGC出場獲得
2 ポール クイラ 2時間11分58秒 コニカミノルタ
3 谷川 智浩 2時間12分02秒 コニカミノルタ
MGC出場獲得
4 大塚 祥平 2時間12分07秒 九電工
MGC出場獲得
5 中本 健太郎 2時間12分54秒 安川電機
MGC出場獲得
6 早川 翼 2時間14分05秒 トヨタ自動車
7 岩田 勇治 2時間15分09秒 7位入賞
23 定方 俊樹 2時間20分43秒

3.選手コメント

岩田選手のコメント
岩田選手
 25km過ぎまでは集団の中でレースを進めることができましたが、そこからレースが動いた時に対応することが出来ず、一時は10位まで順位を落としましたが、なんとか我慢して入賞できました。
 今回の走りをしっかり反省し、また冬場のマラソンに向けて体をつくっていきます。 応援ありがとうございました。



※写真クリックすると拡大表示され前後送れます
定方選手のコメント
定方選手
 レース序盤の12kmで先頭から離れてしまい、自分でも訳が分からずパニックになりました。練習不足というよりも心身ともにピークを合わせる調整能力が今の自分の課題だと感じています。
 この結果を引きずらず、先ずは駅伝でしっかり結果を残し、今年度の冬にまたマラソンに挑戦したいと思います。今回もたくさんの応援ありがとうございました。

※写真クリックすると拡大表示され前後送れます
応援
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る

三菱日立パワーシステムズ

Copyright © Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd. All Rights Reserved.